映画を愛する人と、映画に関わる人を繋ぐコミュニティ シネマトリップ

  1. シネマトリップHOME
  2. ニュース一覧
  3. 日本の初期アニメーション作品がウェブ上に期間限定公開!

NEWS

2017.03.07 映画関連情報

日本の初期アニメーション作品がウェブ上に期間限定公開!

日本、いや世界中のアニメーション作品ファンに朗報です!
東京国立近代美術館フィルムセンターが、日本でアニメーション映画が誕生したとされる1917年から100年目に当たる今年、2017年を記念し、ウェブサイト「日本アニメーション映画クラシックス」を開設しました。
 

なまくら刀[デジタル復元・最長版][白黒ポジ染色版] 原版協力:松本夏樹 映像提供:東京国立近代美術館フィルムセンター


サイトでは、フィルムセンターの所蔵するアニメーション映画の中から、現存する最も初期のアニメーション映画『なまくら刀』(1917年公開)をはじめ、1941年までに製作・上映された 64 作品を公開しています。
また、2010年に開催した企画展「アニメーションの先駆者 大藤信郎」をもとに再構成した「大藤信郎記念館」のページでは、大藤信郎の手書き台本、造形作品や切り紙キャラクターなど、さまざまな資料約140点をブラウザ上で閲覧できます。
 

大藤信郎

『だんごの行方』(1973年)台本


この取り組みは、文化庁の「文化芸術振興費補助金(美術館・歴史博物館重点分野推進支援事業)」のひとつである「映画におけるデジタル保存・活用に関する調査研究(BDCプロジェクト)」のもと、映画のデジタル化や保存技術に関わる実践的な調査研究ならびにコレクション公開の新たな方法を試みるための調査研究の一環として実施されています。

公開期間は2017年末まで。心ゆくまで楽しみ、堪能しましょう!そして新たな創造の芽がうまれますように・・・!
 
サイト名:日本アニメーション映画クラシックス Japanese Animated Film Classics
URL:http://animation.filmarchives.jp
公開期間:2017年2月22日〜12月末 ※試験的な公開のため期間限定
制作:
東京国立近代美術館フィルムセンター(デジタル映画保存・活用調査研究事業班)
※平成28年度「文化芸術振興費補助金(美術館・歴史博物館重点分野推進支援事業)」/「映画におけるデジタル保存・活用に関する調査研究」事業
国立情報学研究所